So-net無料ブログ作成
検索選択

STAR WARS [映画]

観てきました。STAR WARS エピソード3「シスの復讐」。

25年来というのは大げさでEP1からの数えで約6年の
モヤモヤがスッキリした映画でした。

会場を出て興奮している自分とは逆に「共感できないなぁ~」と妻。
言えばパドメの死と引き換えにダークサイドに身を転じるアナキンが
とてもチープで情けない男にしか見えず、観ている側に
「どうしても悪に染まらなければいけない何か」を感じられなかったらしい。
言われてみれば・・・・・そこら辺は痛い所を突いてくるなと思った。

ジェダイが何故、感情を抑え、結婚を禁じたりと規律が厳しいのかも
これで痛いほど理解できるんだけど全てはオビ=ワンとの
会話に集約されるんだよね。

「自分がまいた種だ」と。

内容は殆どが予想を裏切らず、思っていた方向に進むが、
前半を除き、暗く、そしてテンションが異様に高い作品です。
前半はいつもの様に爽快で笑いもあって観る側をつかんでいきます。

ハイライトはアナキンがジェダイを裏切り、シディアスに忠誠を誓うまでのシーン。
そしてオビ=ワンとアナキンの対決の終わりの所。
「弟だと、思っていた・・・」やるせないです。悲しいです。
そしてアナキンは憎しみだけを増大させていきます。

この作品でのオビ=ワン(イワン・マクレガー)はカッコイイです。
1作目ではパダワンだし2作目では言うことを聴かない弟子に翻弄され
良いことなしのジェダイでしたが今回は違います。

あれだけのモノをばら撒いておいて完結、解決させていくこの作品の
見所は多いです。
確かにファンでなければ楽しめない作品であるとは思えるのですが
逆にファンであればこれ程楽しめる作品も無いでしょう。

2つの太陽が昇るタトゥーインで終わるこの映画の後、話は20年以上も前の
EP4にリンクしていきます。

そしてこの物語は「アナキン=スカイウォーカー」の物語だったと実感するのです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。