So-net無料ブログ作成
検索選択

KISS FIRST [KISS]

久々にKISSネタでいきます。

去年あたりからこのアルバムを繰り返し繰り返し
聴く事が多くなった。
「ALIVE!!」の後に初めて聴いたので(当時は殆どの人がそうでしょ?)
最初はあまりの音のショボさに好きになれなかったけど。
最近になってこの作品の凄さが解ってきた。

「ALIVE!!」ヴァージョンに比べてこのアルバムの曲の殆どが
ソロを短くしたりしてコンパクトアレンジされている。
最初は「元々はこうだったのかぁ~」なんて思ってたが、
後々このアルバム発売当時のLIVE音源なんてのを
BOOTで聴いたりするとアレンジはまんま「ALIVE!!」なのである。
そういう事を考慮してみるとこの作品は
かなり「狙った」作りになっている事が解ってくる。
当時はラジオが主流だったからなんだろうな。

それを裏付けるかの様に最近発売されたドキュメンタリー
「KISS ビハインド ザ マスク」でこの作品について
メンバーや関係者から同じ様なコメントがのっていた。
この本、KISSの全作品に関してインタビューされているので
ファンは必読です。
メンバーはもっとありのままで録りたがったらしいけど。

あ、でももしかしたら一番聴いてるのは「BOX SET」の
1曲目の「 Strutter」かもしれない!!
もうこれ最高です。
この1曲でこの高い5枚組は俺にとってなんて事ないです。
Eddie Kramerの録音によるこのデモヴァージョンは
当時の彼らの勢いがありのままに録音されています。
好きに叩きまくっているPETERのなんてステキな事!!

このノリでFIRSTが録られたなら凄かっただろうなぁ・・・

KISS/地獄からの使者 1974

01. Strutter
02. Nothin' To Lose
03. Firehouse
04. Cold Gin
05. Let Me Know
06. Kissin' Time
07. Deuce
08. Love Theme From KISS
09. 100,000 Years
10. Black Diamond


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。