So-net無料ブログ作成
検索選択

参号機 [ROCKS]

前回の記事のコメントで「ホントはレスポール・・・」なんて言ってますが。

欲しくて欲しくて買ったギターがコレ。
PICT0006.JPG
97年製 LESPAUL CUSTOM ACE FREHLEY MODEL
同年にリリースされたシグネイチャーモデルではありません。

当時、KISSはオリジナルメンバーでの再結成ツアーを敢行しており、
そのときにACEが使っていたモノのコピーです。

70年代、自分にとってレスポールと言えばACEでした。
その時に使っていたのがサンバーストの3PUがマウントされたカスタムでした。

高校生の時、バイトに明け暮れレスポールモデルを買った時も、ちょっと前に
グレコでリリースされていたコピーが生産されていないのを残念に思ったモンです。
ちょっと詳しくなれば、CUSTOMでサンバーストで、クロムパーツで揃えられた
仕様はスタンダートモデルでは叶わない事は理解できました。
少し賢ければ、中古が手に入れられたかもしれませんが。

96年からのリユニオンツアーの写真には70年代当時のあのギターを
今のモデルで再現したレスポールを使う彼がありました。
「わぁ、かっけーなぁ」
CUSTOM PLUSという、当時ラインナップされていたメイプルトップの
カスタムモデルをACE用にモディファイしたギターらしい。
「げ、結局高いカスタム買っても改造しなきゃいけないのかよ・・・」

97年、オリジナルメンバーで来日し、日本でもKISS熱が盛り上がる中、
楽器屋さんがやってくれました。
よくある「ドンズバモデル」です。
当時、バブリーだったオレはその楽器屋へ行き問い合わせます。
「そう、このツアーでの仕様を再現したものだよ」
実物は店にありませんでした。
 
楽器屋のおっさんが言う。
「夏か、秋にはACEのシグネイチャーが出るんだよね」
「でもそれはヘッドに顔の絵があってさ、ポジションインレイはイナズマなんだよな」
「値段は倍だよ」
オレは
「コレがいい、値段はどうでも良いけど、昔から欲しかったのはこの仕様だし、
なんてたってこのツアーのモデルは本当にかっこいいから」
36万だったがバブリーだったオレにはノープロブレムだった。
いまではストラップ一つ買えないのにな。

PUはACEおなじみディマジオスーパーディストーション、ではなく
PAFが3個マウントされている。
70年代はSDがメインだけどリユニオンではずっとPAFで、
シグネイチャーを使い出してからもわざわざPAFに交換して使ってたらしい。

ノンエフェクトでマーシャルに突っ込めばまんまあの音が出てくる。
最高のレスポールだよ。

コレは宝物だ。

でも何故、これがメインで登場しないかは後生大事にしているからじゃない。

「オレはACEじゃない」から。

だから今はACEのギターじゃなくて「オレのギター」が欲しいんだ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

弐号機再生計画 [ROCKS]

以前の記事で「使用するギターを探している」って言っててさ。
相棒のすけが「あの赤いのどうした?」って聞いてくるまでこのギターの
存在をすっかり忘れていました。

Fender Japan ストラトキャスター

年式 不明
価格 不明

高校生当時 もってたフライングVと交換。
しかしもともとの所有者は不明。

交換の動機は記憶なし、普通のギターが欲しかったんだと思う(笑)

間もなくハムバッカーを搭載する為に分解、ボディを強引にザクられる。
090211_204456.JPG
ヴァンヘイレンのごとく改造された名残。

「弾きにくい」「物足りない」等で散々な扱いを受け、後忘却の彼方へ。

都合よくひっぱり出された彼女はこんな姿に。
090211_204247.JPG
PUは揃っているものの中途半端にパーツが無い。
090211_204523.JPG
途中で投げ出されたサーキット

実家の押入れに放り込まれたままだったのを救出し、カビだらけのボディを磨いてメンテ開始。
090211_204140.JPG

トーンポッド、ノブ×2、ピックガードのネジを購入。
その他はついてるパーツを使用。

ネットで配線を調べ、そのとーりに結線。
リアPUのケーブルは度重なる脱着の果てに長さが足りない。
ケーブルを付け直す。

高鳴る期待を胸にテスト。

NG。

調べなおすとまぁ色々仕様によって違うらしい。
回路を理解しないで結線したオレがバカだった。
最低でもついていた状態を見ながらやりゃいいのによ。

やり直す。

しかしリアから音が出ない。
「もしかしてケーブル変えたのまずかったか?」

直結で試す、出ない。
壊れた。

一回取り外し、PUの外観を良く見る。

髪の毛のようなのがちょろっとひっかかってる。
巻き終わり側のコイルワイヤーがターミナルより外れて外周にまきついてた。

試しにテープで接触させトライ。
音出る。

ケーブルをやり直し最終決戦(結線)
090215_203255.JPG

最終的に通常のセンタートーンはセンター、フロントのセレクトしたポジションでヴォリュームになって、
フロントトーンはセレクトしたPUのトーンになるという今でも良く理解できないサーキットになる。

もうめんどくさいので今度SW、ポッドは全部替えるつもりなのでそんときちゃんとする事に。

シンクロブリッジは分解メンテする。
ブリッジは消耗が激しいので今後交換しよう。

ネックは使ってた頃から弦高に不満があったけどちゃんとブリッジからトラストロッドとかの調整も
していなかったしどうなんだろうかと。
090211_204637.JPG
タバコの焦げがいまとなっては恥ずかしい。

バータイプのテンショナーがついてるがこれはアニキいわく
当時ボトムゲージが弦落ちするのでコレをオレがつけたらしい。
まぁ昔は背伸びしてヘヴィボトムゲージを張ってたからなぁ。
強引な発想だな。
チューニングが狂うのではずす。

元々ナットはヘタってたんだけどね。
コレも交換対象だよな。
(のすけは覚えてんだよこれを・・・・・)

なんだかんだいってココまで再生。
090220_224749.JPG
弦高、オクターブ調整する。
根気よく調整したらそんなに悪くない。

YAMAHAに慣れてたからコレの音はパワーを感じる。
YAMAHAはミドルが足りなかったしサスティンも無くて。
それが解消できそう。

バックがフラットなこのネックに違和感を感じるけど、コレはコレで良い感じ。
独特だけど思ったより弾きやすい。

イイゾ、コレ。

要らんから放り出され、必要だから引っぱり出され、まるでエヴァのアスカだな。
赤いし(笑)
だから、2号機フェルナンデスレスポールカスタムモデルがヘッド割れで絶命したので、
コレを2号機としましょう。

てこずってなかなかうまくいかなかったのは今までほっておいたツケでしょう。
まぁ致命的なダメージが無かったから良かった。
Fender系は丈夫だね、マジで。

ストラトではのすけとカブるけどなぁ、曲で使い分けようかね。

-----------------------------------------------------------------------------------

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ON STAGE vol,3 [ROCKS]

もはや恒例の「地下にハリー、スライダーズな夜さ」
高円寺kaztouで第4回目。

今回はトリ前の出演。

今までよりさらに多く歌い、ギターを弾く曲ばかりだったが、
もっと出来たのにって。

「あ~!!!」って思う瞬間が何回も何回もあって。

1曲目
ギターソロをトチる。
練習でやった事が見事に出来てなかった。
2曲目
おなじみの曲。
歌っているのすけを見失う。
バッキングに徹しているときもそれなりに集中しないと・・・
3曲目
速い。
4曲目
歌詞が飛ぶ。
リフを間違える。

「ギターがちいせぇ」
「歌がちいせぇ」
「コンビネーションが抜群だった」
「かっこよかった」

6曲目
リズムずれる。
のすけ、ボトルネックを缶でヤル。
「あれ~!」って思ったけどわざとやってんのかとおもった。
忘れたらしい。
でも、なにげにそれってカッコいいじゃんか!!!

しかし、音が決まらないのがネック。
のすけも言ってたけどスタジオステージで本当にガラっと変わった。
2人とも小さいアンプでどうやっていい音出すかって悩んでるし。
行きの車中でも話してたのでリハで実感したりして。
オレはオレで未だ楽器すら決まらない。
「アンプ貸してくださーい」ってバリバリ弾いちゃう人ってすごいね。

だんだん「きもちよかった、楽しかった」ですまされなくなってきている。

満足できないんだね、きっと。

いろんな話が出てきている。

毎回新しい事をやって、できるようになってLive。
そうじゃなくて自分達も「やり続けて磨いて」いかなきゃいけないのかな?


あ、なんか後ろ向きにみえる?

ちげーよ、燃えてんだよ。

----------------------------------------------------------------------------
毎度ながらこのイベントに関わる人達には、本当に影響うけます。

次回もよろしく。

もっともっと!!!




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ON STAGE vol,2 [ROCKS]

8日再びイベントに参加。

LIVEをやってきた。

ちょっと遅いかもしれないが、このイベントへのかかわりを
改めないと。

みんな真剣だ。

期待されていた。
でも、感想はそれぞれだった。

「前のがよかった」
「後半2曲がよかった」

ちょっとわかんなくなった。

見るほうも2回目になると前回の印象をさらに求めるから
こっちも「それ以上」をやらないといけない。

それと自分達の「やりたい事」のバランスが取れなくなっていく。
色々考えるうちに・・・・

「カンケーねぇや、好きにやろうぜ」

ってなるんだろうけどね(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

俺はスライダースのフォロワーじゃないし、Harryをリスペクトしてるわけじゃない。
でも、このイベントは楽しんでるし、スライダースのカヴァーもやってて楽しい。

継続するには「新しい参加者」は不可欠。

土曜開催の甲斐あってか動員も多かった様なので、4回目となる次回も
盛り上げないといけない。

今後このBlogでもこのイベントの詳細なんかもしていかないとね。

次回は2月14日(土)

冬眠してる場合じゃないらしい。

「地下にハリー、スライダーズな夜さ」4
2月14日(土)

アコースティック
弾き語りライブハウス
高円寺「カットウ」
http://www.kaztou.com/



LOUD PARK 08に行ってきました [ROCKS]

METALの祭典「LOUD PARK」にやっと今年参戦しました。
333.JPG
2日目のみです(費用の関係もあって・・・・)
06年の開催から行きそびれ、今年は兄の誘いもあって1日HR/HM漬けになってきました。
ラインナップは以下
2222.JPG

MOTLEYが主催している「CRUE FEST」をかねての設定という事で興味あったんだけど。
BAND自体の興味は1日目のがあったかなぁ。
結果的にはよかったんだけどね。

まず会場に入り間無しに始まったのがBLACK STONE CHERRY
んと、特に覚えてないっす(笑)
後々のBANDにかき消されています。
良い部分も悪い部分もなかったなぁ。

次、ALL ENDS
2人の女性ヴォーカルにIN FLAMES(知らん)のメンバーがバックを勤めてるBANDらしい。
えー特に華があるわけで無し、曲は女性が歌うって事でありがちなパターンだし。
それはともかくステージ馴れしてないのか全員がステージをうろうろしていて見ていてうっとおしかった。
ヴォーカルが歌ってんのにその2人を割って他のメンバーが前に出てきたり、なんか素人っぽくて。
歌も2人の必要性があんまり感じられないのでどっかなーって感じでした。

BLACK TIDE
曲が始まった瞬間「MEGADETH好っきやろーおまえらー」って突っ込みたくなる様な。
でも若々しくて元気いっぱいなパフォーマンスは好感もてた。
シングルの曲もかっこいいし、楽しみなBANDです。
今の彼らを見ておいて良かったって言える様なBANDになって欲しいなぁ。

DUFF McKAGAN'S LOADED
GUN,Sのダフです。
よくも悪くも変わっていません。
相変わらずカッコイイ。
歌はすっごくうまくなってるし、やっぱり存在感は格別でした。
途中、BASSに持ち替えてのGUN,Sナンバー。
「ItsSoEasy」には思わず燃えました。
もうすぐ来るべき時が訪れるのかも知れないけどこういうBANDをやり続ける彼も良いね。


MACHINE HEAD
本来、このイベントは彼らの様なBANDとそのFANの為のモノ。
このBANDのLIVEで今までの空気がいっぺんに変わった。
「これぞMETAL、これぞLOUD PARK!!」
オーディエンスは一つになり、サークルピットではみんな楽しそうに回っていた(笑)
俺は楽しくて笑いが止まんなかった。
2日間通してBEST ACTに挙げる人もいるほどだったらしい。
本当にこのLIVEを体験できて良かった。
正直ここで帰った人も多いんじゃない?


BULLET FOR MY VALENTINE
メロディックメタルとでも言うか、テクニックや曲もそれなりに完成度高いんだけど、
なんと言うか、MACHINE HEADの後だったんで、俺も疲れてたし(笑)
それ以上の「何か」が感じられないBANDだったなぁ。
後半は寝てしまいました。
ごめんなさい。

BUCKCHERRY
サードアルバム「15」がロングセールスを続け、いまや本国で大人気の彼らですが、
デビュー当時彼らを支えてきたはずの日本ではもうそうでもないんですかね。
LIVEはさすが長期のツアーで鍛えただけあって3年前に見た時より格段に
レベルアップしていました。
再結成時に加入したメンバーも凄く良くなってるし、ジョシュの歌もすっげーうまくなってる。
なにより「カッコイイ」よ。
フェスにもっともむいてるBANDだねー。

MÖTLEY CRÜE
トリは彼ら。
ニューアルバムの出来の悪さに失望してたし、現在のBANDのありかたも含めて期待はしていなかった。
それはLIVEでも変わらなかった。
いままであれだけ音が出ていたのに彼らのLIVEになったらとたんに不快な音に変わった。
ドラムの音が悪い、ギターの音が悪い。
急に輪郭がぼやけて気持ちの悪いサウンドに。
こだわりがあるのかもしれないが、どのBANDも全力で演奏してんのに、なんか
余裕しゃくしゃくさがいやだったなぁ。
ヴィンスは殆どフェイクで、トミーのドラムもムラっけがひどくて。
このBANDってこの日のセットリスト以外に出来ることあるのかな?

結構評判よかったみたいだけど、今までの彼らのLIVEで最低の出来だったよ。


MACHINE HEADとBUCK CHERRYが見れてよかった。
1日目のDOWN とSLIPKNOTが見れなかったのは残念。

来年に期待します。
ぜひ2日間行きたいなぁ。

未だにふくらはぎが痛い。
翌日は首が痛かったよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

HEAVY METAL COMING OUT!! [ROCKS]

えーこのBLOGをご覧になっている方には想像つくかと思いますが、
まぎれもなく俺はMETAL好きです。

今年に入って続々とMETALアーティストの新譜がリリースされ、
自分の中でも再燃している次第です。
今のお気に入りはSlipknotの新譜です(笑)

しかし、自分の音楽活動の中で、METALっぽさは微塵もありません。

で、それってどーなの?ってLIVEで知り合った人は思うかも知れないけど。

はっきり言って「好きでやってます」

別にスライダースとかやってからって言ってブルースとかに傾倒しないし、
合わせてやってる自覚もないし。

気持ちよさの違いとでも言うかなんと言うか、うまく説明出来ないけど。

もうすぐAC/DCの新譜出るし(笑)

伍号機 [ROCKS]

今後のLIVE等で使うギターをどうしようかと兄や知り合いに
色々当たってみたがダメ。

まぁ自分の使えば良いんだけどね。

なんとなくLIVEの趣向がアレなんで、持ってるのがイナズマ
ACEモデルだもんなー。

ふと、思い出した。

押入れにヨメのギターが押し込んであったけか。
これこれ。
ss300.JPG
ヤマハSS300

多分3万くらいで買ったとの事。

きれいにして弦を張替えアンプへイン。

出た出た、すげーな。
ストラトに似た(みたまんまだけど)音だと思うがわりとしっかりしてて、
3万程度にしては良い感じ。
前もちょこちょこ触ってたけどね。

小さくて軽くて使ってみようか。
以外に良いかもしんないし。

前のLIVEの反省から買いました。
tun.JPG
安くてかまわんのでコレ。
2000円也。

ハードオフで1000円だったけど(笑)

でもなんかチューナーって慣れないなぁ。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

I,m guitar hero [ROCKS]

このままだと俺はスーパーギターヒーローになりそうだ。

先日のLIVEの興奮もさめない中、毎日ギターバトルを繰り広げている。

今の俺の愛器はコレだ。
080722_001238.JPG
一応GIBSONだ。
080722_001322.JPG

しかしフレットは5個のボタンしかねーし、弦も無い。

弾ける曲は多分70曲くらい。

コレで次回出演しても良いですか?

ON STAGE [ROCKS]

何年ぶりだろうか?本当に久しぶりに人前で演奏した。

緊張している時ってのは俺は記憶が飛んでいる。
本当に覚えていないし、客なんてのは見てもいない。
相方ののすけはどうだかわかんないけど、帰りの車で
「どう感じた?」って聞かれても、「ん~どうでしょう?」と長さんの様なコメントしか
浮かばなかった。

スライダースのHARRYが好きな人達が集まってのイベントに相方がエントリーして
「やんない?」て誘われて演った。

自分からじゃないし、断ったらヤツは一人でも演っただろう。
「いっちょのっかろうか」って感じから序々に本気になった。

久しぶりにギターが楽しくなってきた。
錆びれたウデはまだ少しずつしか取り戻してないけど。

みんなうまかった。

何よりも「何がしたいのか」がはっきりしていて迷いが無い。

俺たちにはそれが欠けてるかもね、のすけ?
テクでもねーし、ルックスでもねーし。
みんな「これ」ってのがはっきりしてた。

1ステージ終わってからちょっとの間、凄く頭痛がした。

きっと「熱かった」んだろうね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
共演したみなさん、お疲れです。

自己紹介は過去の記事なり見てもらえれば(笑)

次回はのすけでは無く、「路傍の石」が観れるでしょう。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

DOKKEN [ROCKS]

高校の頃はHEAVY METALブームで、国内外問わずいろんなBAND
聴きまくったんだよね。
今の俺にとっては恥ずかしさも感じるBANDもあれば、今聴いても「カッコイイな」って
思えるBANDもいる。

当時何でも無差別に聴きまくってて、ほんの軽い気持ちで手に取ったALBUMがこれ
tooth.jpg
TOOTH AND NAIL/DOKKEN
1曲目で唖然とした。2曲目はPOPでメロディアスなシングルチューンだった。
弾きまくりのGUITARチューンとどれをシングルにしてもヒットしそうな曲が
交互に収められている変なALBUMだった。

とにかくこのBANDのジョージリンチってギタリストはキレてます。

結局楽器ってのは自分の感情をどれだけ表現するかって思うんだよね。

基本的にはあまりテクニック至上主義的なMETALBANDやテクニカルギタリストは
好きじゃないんだ。

速いから何?ウマイから何だよって。

でもこのBANDはちょっと違う感じがしたの。
だって、どっちかって言うとヴォーカルがリーダーで歌メロもしっかりしててね。
その歌をスクリーミングギターがかき消すようなそんな感じ。

まったく違うスタイルがぶつかり合って成り立っている様な。
それが音にもはっきり現れていて、テンションが高い作品になっている。
その相反する2人がケミストリーを生んでたんだけどね。
まぁ仲が悪かったんだけど(笑)

1度解散してからいまでもBANDは存在してるけどメンバー変わっちゃってるしあの
ピリピリした感じはもう無いから。

この人の鬼気迫るギターは今聴いてもハイになります。

http://jp.youtube.com/watch?v=tNjaN_89VW8
ギターソロは必見です。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。