So-net無料ブログ作成

ミハエルシューマッハ [FORMULA1]

プレッシャーに負けたフィジケラがラインを乱した時に深夜の
我が家では歓声があがった。

ブラジルGPは彼のラストにふさわしいレースとなった。

そう、13年ぶりに自国GPの勝利を達成したチームメイトや
激戦を制し、2年連続Wチャンピオンに輝いたライバルより。

シューマッハが主役のレースだった。

予選はトラブルで10番手に落ち込み、レースではタイアがバーストし
最後尾までダウンした彼は誰よりも速く、そして最後まであきらめず
最終ラップで全セクター最速のファステストを叩き出し、4位でレースを終えた。

次世代のドライバー達が勝利し、王座を勝ち取ったレースでなお
自身が未だもっとも速く強いドライバーだと証明し去っていく。

俺がF1を見だしたときにはセナもプロストもいたしマンセルもいた
そんな中で彼が衝撃的なデビューを果たす。
1人のトップドライバーのデビューから引退までを見届けるのは
彼が始めてなんじゃないかな?
そりゃハッキネンもいたけど、若い頃からベテランになって若手と凌ぎあい
キャリアをまっとうして引退するなんていうのはね。

速さと強さを兼ね揃えた彼はデビューから引退まで変わる事は無かった。
ベネトン時代はベテラン勢が終盤タレたタイヤと疲れでペースが落ちた所を
機械のようなドライビングで追い詰めていくシーンが何回も見られた。

レギュレーションが変わり、給油が許されてからは彼のその強さが
より一層発揮される事となっていく。
現在のF1の勝ち方と勝利に求められるものを示したのは
彼だったと思っている。

そのスタイルは引退レースとなったブラジルでもまったく変わっていなかった。

鈴鹿では彼を中心にした思い出が多い。

雨の中全く乱れる事のないドライビングが印象的だった94年。
地を這うようにS字を駆け上がっていく姿にビビった95年。
スタートでストールして最後尾まで下がって鬼神の走りを続け目の前でバーストした98年。
スタンド全体が静かになったハッキネンとのタイムアタックとフェラーリで初の
チャンピオンに輝いた00年。
02年まで毎年観にいった鈴鹿も今年が最後になってしまった。

マレーシアで見た01年はスコールで混乱するが最後には1-2を飾る
本当に夢のようなレースだった。

来年からはどんなシーズンになるのだろうか?

彼の作り上げたフェラーリはどんな戦い方を出来るのだろうか。

またいくつかの大事なものをF1は失ってしまったような気がするんだが・・・・・


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

モナコGP [FORMULA1]

連勝ライコネン。
意外な脆さを見せたルノー勢を尻目に何事も無く
ポールトゥウインでした。
終わったタイヤで粘ったアロンソでしたが
ウイリアムズの2台に結局抜かれてしまいましたね。

今年のタイヤ無交換ルールが演出したと言えば
そうなんだけど通常見られないオーバーテイクが
たくさん見れたので面白いレースでした。

TOYOTAは一見速そうなんだけどやっぱりレースは
ペースを上げられない車なのでここら辺課題ですね。

ウイリアムズはタイヤに厳しい車らしいけど、今回は
それ以上にソフトを選択したルノーがタイヤを使いきって
防戦になったので良い結果を得られたという事かな?

フェラーリは恐らく開発コンセプトを結果誤ったのかもしれない。
2003年と似た状況なのかも。
これを軌道修正するのにはまとまった開発期間が必要だから
ブリジストンはハードワークを強いられるだろうなぁ。
現状は悪循環に陥ってるなぁ。

次戦で早くも予選方式が変更になる模様。
本当に面白くしたいなら前レースの下位に沈んだ
選手を後半に走らせるべき。
前レースで負けたのを次まで引きずらせるのは
まったく間違ってない???

ルノー、マクラーレン、フェラーリ、トヨタ、ウイリアムズ
そしてBARが絡んだ熱いヨーロッパラウンドを期待!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

F1スペインGP [FORMULA1]

いや~厳しいっすねFIA。
タンク疑惑は合法だって言うことだけどレース後の
重量規定違反とガス抜けって言ったのに抜かなかった事が
ここまで事が大きくなったのでしょうか?
最終的になにがダメだったのかよう分からんもん。

まぁ以前からマークされててなお内通者がいたって事
だからタチが悪かったってことでしょうか。
実質3戦分失った事になるのでBARにとってはイタイ
なんてもんじゃないでしょう。

レースはライコネンが激速で終わり。
アロンソが2位を確保できたのは助かったんじゃない?
タイヤが壊れなければシューマッハ2位は確実だったけど
ガチンコでレース出来ない現状では辛いんじゃない??
レースペースが他より速くても始終攻めた走りを要求されるだろうし
展開次第ではうまくいくとは限らないからなぁ。
左タイヤに厳しいバルセロナで重い状態が長かっただろうしね。
何かを拾ったみたいだと言っていたけど前後まとめてだから
本当かどうかわかんないしね。

これでもあと14戦残ってるんだね、今年。
アロンソがコンスタントに走ればチャンプもありえるけど、
マクラーレン速いしフェラーリもわかんないし。

予選は本当にくだらないね。
1次でタイムが悪ければ2次との合算で上にいける訳がないにも
かかわらず1次予選の出走順の関係で
前戦で下位に沈んだドライバーは圧倒的に不利になるからね。

今回のライコネンの予選はさすがだったけどね。

タイヤは無交換でもしょうがないとして、予選だけは変えて
くんないかなぁ・・・・・


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

フェラーリ [FORMULA1]

やっぱり出てきましたねぇ。
「テスト制限に同意しないフェラーリはアンフェアだ」の声。
他のチームだけでなくサイトの掲示板とかでも多い。ずるい!とか(笑)
確かに俺はフェラーリファンだけどこればっかはちょっと違うんじゃ?
GPWCの件は「エゲつないなぁ」って思ったけどね。

あくまで9チームが同意しているだけであって
フェラーリは最初から反対しているので同意していた訳ではない。
紳士協定と言うが、この世界で何度これが覆された事か。
「規則上定められてなければ問題ない」
これはどこのチームでもやっていた事じゃない?

開幕戦のファイナルラップでのBARの行為をどうとるのか。
これも同じ事なんだって言う事でしょう。
やるべきではないかもしれないけれども決められていないので
やってはいけない事ではない。
前の記事でも書いたけどこれが今のF1でしょう。
別にフェラーリじゃなくても俺は同じ意見だよ。

フェラーリがこのテスト制限を受け入れたら圧倒的に不利に
なるのは目に見えてわかる。
フェラーリ以外のトップチームは全てミシュランだからね。
マクラーレン、ウイリアムズ、BAR、ルノー等の
データが取れるミシュランと実質フェラーリのみのBSとでは
雲泥の差が生まれるのは明白だもの。
不利になる可能性のあるルールに同意するわけが無い。

卑怯とか不公平とか言う事自体がナンセンス。
紳士協定と言っている事自体が何の意味も無い。
彼らは違反も約束もしていないんだから。

BARが2重タンク疑惑だって??
これが事実ならばテスト制限なんてただのフェラーリ&BS崩し
だって言う事と同じだね。
言ってる事とやってる事が違いすぎるわ。

序盤「旧型マシンで走るなんて怠慢としか言えない」と言って
速かった今回「テスト制限に同意しないのはアンフェアだ」って
言い出したラルフ!!批判も良いけどトゥルーリのが速いぜ??


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

サンマリノGP(ネタバレ) [FORMULA1]

いやぁ凄かった!!
何が凄かったってサンマリノGP!

13番手に落ちた予選を観た時はもう終わったなぁと
思ったけど、ペースの上がらない3位以下を
うまく利用してトップ争いにつけたシューマッハは凄い!

3位についた後の走りったらなかった。
30秒差をつめていったんだもん。
バトンをオーバーテイクしてピットインの後
トップのアロンソの背後につけたレース後半は
テールトゥノーズでゾクゾクしたよ。

守りきったアロンソの成長振りも見事。
速さの衰えが無いシューマッハとの今後の戦いは
激化していくんだろうなぁ。

色々言われる存在の彼だけど、これが出来るから
凄いんだよね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

バーレーンGP [FORMULA1]

また勝っちゃいましたアロンソ&ルノー。

速いなぁ、これは。
コースを選ばなくなってきたのが強みかも。
個人的にはフィジコに勝ってもらいたんだけどな。

今回シューマッハ&F2005がとても序盤速くて
今までの様に独走態勢でないアロンソがどこまで
踏ん張るか興味あったんだけどあっさりシューが消えちゃって・・・

フェラーリは苦戦しているかもしれないけど、今回新車を
投入してきたのは意外と良かったのかもしれない。
前回のマレーシアがああだったので同じ負けるなら
実戦でテストできた方が当初の投入予定だったスペイン
までに相当のデータをとる事が出来るから。
「バーレーンも期待は出来ない」って言っていたし。
これからサンマリノまでの3週間にかなりのテストを
してくるだろうし、今回バリチェロを最後まで走らせた
データを生かしてくるだろうし。
新車の速さは実証されたのでこれからルノーとの
熾烈な争いを期待しちゃうんだよなー。

しかしBARはどうなんだろう?
速さも信頼性も欠落してるし。
ブレーキに厳しいサーキットだったけど実際ブレーキで
トラブったのは琢磨君のBARだけでした。

デラロサの必死さが胸を打つグランプリでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

F1とホリエモン [FORMULA1]

ライブドアとフジサンケイとの戦い(でいいのかな?)が
連日TVをにぎわしている。

自分なりの印象を言うと
「こういうのってF1界ではよくあるよね?」
って感じかな?

契約内容に明記されていない、ルールに明確に
違反とされていない、やるべきではないかもしれないが
やってはいけないことではないetc・・・・

これが極限に達すると法を盾に戦いだす。

こうなると歴史だとか情だとか信頼関係だとかは
まったく意味をなさない。
盲点をつかれた相手は大きな確率で負けていく。
F1界をピラニアクラブとはよく言ったものだ。

ホリエモンの言う所の「外資系にのっとられるぞ」というのは
自分たちも外資系並みの戦い方をしていかなければ
いけない時代なんだよと言う事?

がんじがらめになってつまらなくなっていくF1と
にていませんか?

ただ、こうやってメディアが騒げば騒ぐだけ世論が
振り回され弱肉強食への変化に拍車がかかる事になりかねない。
報道番組なんて信じられない。
今放送されている報道番組はニュースと2足歩行するタコと
W杯予選をいっしょこたに放送している。
こんなもんを見ながら「こういう時代なんだなぁ~」と
思ってしまう事自体がアブナイアブナイ。

けどこういうアホ番組が無くなる様な変化だったら
いいんだけど、どうなの?ホリエモン?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

F1マレーシアGP [FORMULA1]

ルノー2連勝、トヨタ初表彰台、フェラーリ絶不調、
BAR2台リタイア・・・・
今までの勢力図がひっくり返ったようなレースだった。

しかしフェラーリは旧マシンそのものの戦闘力は
そこそこなのは前戦で証明したので今回全く
精彩を欠いたのはやはりタイヤを大外ししたんでしょう。
新車F2005を前倒しして投入するのかな?
レギュレーションが大幅に変わると作戦も保守的になるのは
チャンピオンチームだとしょうがないのかな?
2003年もそうだったしね。

BARが揃ってエンジン壊したのはちょっとやばい。
わざとリタイアしてまで今回のレースでエンジン乗せ変えたのに。
テスト制限に同意せずガンガンテストしているフェラーリや
ルールを利用してレースしたBAR。
どっちも言い訳できない状況で負けたのだからこれは深刻。

ルノーの速さは凄い、今年のルールはルノーに追い風に
なるものだと感じているけど、このまま波に乗れば
フェラーリが慌てる状況にもなりかねないな。

しかし緊迫感が無くなった今年のF1はつまらない。
予選のつまらなさ、分かりにくさもイタダケナイ。
エンジン替えちゃイカン。タイヤ替えちゃイカン。
そんでパルクフェルメに保管する意味ってあんの?
給油やめりゃタイヤ交換だけでピットインじゃ効率悪くなるから
自然にタイヤはロングライフ化に振ってくるんじゃない?
オーストラリアみたいな展開になるとまったく二回目の予選が
意味なくなるのでだれも観たがらないんじゃない?
っていうか二回目の予選って他国では放送すんのかな?
みんないたわって走ってるんで耐久さながらだもんね。

前戦よりはマシだったけど、今のルールは予選から観てる
とおおよそ先が見えてきちゃうのでなんとかしてくれないかなー
と思うのでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。