So-net無料ブログ作成

報告とお礼 [LIVE]

えーっと、LIVEの予定が変更になってから今まで
コメントを頂いていますが、まったく書き込みをしていませんでした。

いまさらなのでこの場でお礼をさせていただきます。

で。

昨日ヤツに会ってきました。
色々みんなに預かったモンもあるので・・・・
病院に行こうとしたんだけど、
急遽自宅療養になったのでのすけ宅へ。

イモムシみたいな状態を期待していたのにつまんなかった。

まだPCの前にも座れないからネットもできないってさ。
まぁ短い時間だったけど、当日の事とか少し話して。

久しぶりな自宅での一家団欒な雰囲気を感じて帰宅。

オレは「もうカンベンだよ」って言っておいたよ。


親愛なる片輪ものへ [LIVE]

悪化の一途だとメールが来た。
もうイイと返信した。
古賀さんに電話した。
どうするか迷った。
やろうと思った。
はなび、HAROに電話した。
2人に協力を求めて自己嫌悪に陥った。
古賀さんにやるとメールした。

Blogの記事、コメント、当日わかっているだけの客に知らせた。
一晩考えまくった。
はなびには曲を増やして欲しいと言い、HAROにはスライダーズの演奏予定曲を知らせた。
ギターも手につかなかった。
翌日仕事がはけても考えていた。
HAROからメールが来ていた。
やる曲は決めてもらった。
自分のLIVEなのに何をしてるんだと更に自分を呪った。
セットリストを決めた。
前々から考えていた歌詞カードを書いた。
ちょっとだけギターを弾いた。
18日はアコギでやった。
でも、今回はいつもの通りでやる事しか考えなかった。

翌日朝、仕事が終わったらスタジオに入ろうと思った。
2時間とれた。
いつも使う小さい方じゃなくてレコーディングで使うデカイ方だった。
2段積みのマーシャルにレスポールを繋いだ。
自分の声がかき消される程デカイ音で鳴らした。
イライラしていた。
どうにもならなかった。

当日のすけからメールが来た。
久しぶりにちゃんと寝た。
機材を運んでくれるまーくんが来た。
途中楽器屋でスペアの弦を買いに行った。
昨日のスタジオのマスターと偶然会った。
激励された。
東高円寺には割とすんなり着いた。
時間がありすぎるのでファミレスでも行こうとしたが、ぐるぐる回るうちにいやになった。
kaztouが開いてるか確かめようと行ったら丁度古賀さんがチャリで到着していた。
機材を降ろさせてもらった。
諦めていつものモスにいった。
ハンバーガーはうまくもまずくもなかった。

戻ったらはなびがいた。
リハを始めた。
曲を追加するのは通常のLIVEが終わってからでと話がまとまった。
曲の気になる所を何回も繰り返した。
マスターにモニターからギターの音を出すかどうか聞かれた。
いらないと言った。
良いとも悪いとも思わないままリハを終わらせた。
はなびのリハが始まった。
求めるモノがはっきりしていた。
ナオトくんが来た。
さらにはなびのリハは入念さを増していった。

みんな続々とkaztouに来た。
楽しく努めようとした。
けど、足が震えていた。

はなびの演奏が始まった。
落ち着かないのでずっと立っていた。
マスターにやっぱりモニターからギターを出してくれと頼んだ。

はなびの演奏が終わる頃のすけに開始のメールをした。

ハイワットのヴォリュームは少しだけリハより上げた。
ステージはオレのギターの音に囲まれた。
1人でやる事になって1曲目は「がんじがらめ」に決めていた。
歌の入りや、長さは全て即興だった。
挨拶は「サテンドール」のブレイクでやろうと来る時決めた。
「Town town town」のイントロは1本だとダルイのでやめた。
MCは通してカッコよくキメようとしてたのに笑いをとってしまった。
「マスターベーション」は殆どリフを弾いた事が無かったから不安だった。

客が歌ってるのに気がついた。

「empty girl」もイントロはリフから入った。
「jumpin,shoes」は歌の合間にリフを入れるやり方に徹した。

全て自分のタイム感でその場で感じるままにやった。
魔法の様だった。

「あんたがいない夜」でHAROを呼んだ。
準備の間を埋める為にMCをやったが、また変な話題になってしまった。
HAROは、何もかも強引に突き進めるオレにあわせてくれていた。
「Tokyo シャッフル」は交互に歌い最後は2人で歌った。
前回の地下スラでのやりかたと同じにした。

「Hope you understand」はリフでゴリ押しする他無かった。
「All need is money」
元々この曲はラストに持ってくる予定だった。
のすけの存在そのもののこの曲をどう歌うか、それがこのLIVEの最大の課題だった。

ただただ、叫んでいた。
どんな風にやったのかはこの曲だけは思い出せない。

終わったあとみんなが笑顔で、褒めてくれた。

なにを言っているのか解らなかった。

ダンケさんのHarryとのエピソードでみんなで大笑いした。
まーくんはなぜかみんなにお礼をしていた。
イイヤツだと思った。

ちゃんと礼も言ったかままならないうちにみんな帰った。
みんなに何を言えばいいのか解らなかった。

帰りははなびを送った。
まーくんと2人になっても寝かさずずっと話していた。

帰宅しても寝れなかった。

起きたら夢から覚めた気分だった。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

set list [LIVE]

090724_175428.JPG
7月24日(金)
路傍の石ワンマンLIVE
東高円寺 Kaztou
opening act 比口ヒロカズ(はなび)

setlist are

がんじがらめ
サテンドール(The street sliders cover)
Town town town
マスターベーション(The street sliders cover)
Enpty girl
jumpin,shoes(The street sliders cover)
あんたがいない夜 「special support HARO vo,and guitar」(The street sliders cover)
Tokyo シャッフル 「special support HARO vo,and guitar」(The street sliders cover)
Hope you understand
All need is money
-----------------------------------------------------------------------------------
session

All need is money「はなび vo,and guitar」
泥舟         「はなび vo,and guitar」
マンネリブギ    「新田正継 vo,and guitar」(The street sliders cover)
Walking,the dog 「新田正継 vo,and guitar」(Rufus Thomas cover)
-----------------------------------------------------------------------------------
katz vo,g (ex,vo,あんたがいない夜)

with are・・・

のすけ

thank you fuckin,all

7月24日 [LIVE]

7月24日「路傍の石ワンマンLIVE」はのすけの容態悪化の為
本人の出演が不可能となりました。

当日は自分は出演しますが、路傍の石としてのLIVEは
行いません。

お越しの方は承知の上ご来店ください。

こんな状況ですが、当日は楽しく、盛り上がりたいと思っていますのでよろしく!!
-----------------------------------------------------------------------------------------
今までこの事態に関わる内容は控えていましたが今回の結果にあたり、
報告させていただきます。

彼は6月の上旬に元々の持病である腰を痛めました。
椎間板ヘルニアを患っており、何年か前も同様足にかけて痛める事があり、
今回もその様な状態に陥りました。

先日の「地下にハリー、スライダーズな夜さVOL,5」は鎮痛剤により
痛みを抑えての出演でした。
常連の出演者の方々は事情を知っておられ、当日大変お世話になりました。

治療は続けており、経過も少しは良化してきたと聞いてはいたのですが、
先週のリハーサルで若干痛む様になってきたとの事でした。
2日後連絡があり、状態がさらに悪化、18日に予定されている「大磯音楽祭2009」の
出演はできなくなりました。
ほぼ寝床から立てない状況であり、介護が必要な状況に陥りました。
しかし、神経ブロック注射での治療に賭け、24日に挑むつもりでいました。

18日は自分1人での出演とし他の出演者のヘルプもありなんとか乗り切り、
彼の復帰を信じていました。

しかし、ブロック治療の経過は芳しくなく、依然状況は変わらず、
今回この様な決断としました。

本人はまだ、なんとかしようとしていました。
けど、オレはもう良いと彼に言いました。

本当はとっくに諦め、他の方法を検討すべきだったと思います。

でも、このLIVEにおける彼の気持ちと、そのどうしようもなさと・・・
ぎりぎりまで賭けていたのは充分理解していました。

「路傍の石」のLIVEですから、カタチを変えての開催はどうかとも思いました。
オレ一人では「路傍の石」ではありません。

なにより初めて観に来たお客さんは失望するでしょう。

しかし、すでに準備をされている方、kaztouの古賀さん、当日オープニングアクトを
つとめる「はなびさん」。
遠方より来て下さる方、路傍を好きでいてくれる方。
そして、のすけに対し・・・・

見世物ですから一人でやれるなんていきがるつもりは無い。
人のチカラを借りてでもやれる事をやる。

「路傍の石」の活動は当面凍結します。
すとれんじふるうつでのセッション及び、出演は1人でやれるだけの事はします。
しかしその他の活動は彼の復帰が叶わない限りしません。

楽しみにしていた方々、告知をして頂いている方々へは感謝とお詫びをさせてください。
本当に申し訳ありませんでした。

ただ、のすけ自身が心身ともにつらいのはわかってもらえると思います。
お客さんや先の支援者に対してはもちろん。

でも、最後にここでオレとアイツだけの事を書かせて。
アイツがオレ1人で音楽祭を出る事になった時にどんな気持ちだったか。
それを想像するだけでたまらない。
アイツの性格を考えたら尋常では無いだろう。

「2人でやるのはもうイイよな?」
「フルメンでやりたいよ!」
「やっぱギターだけじゃぁな」


もういいよ、2人でさ。


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

最終告知 [LIVE]

路傍の石LIVE

東高円寺 Kaztou
http://www.kaztou.com/index_0002.html

7月24日(金)

19:30open 20:00start

opening act
比口ヒロカズ(はなび)

-------------------------------------------------------------
ここ最近のLIVE情報は後にします。

2人で演奏ができる事の価値をとても感じている。

2人でステージにあがれたらそれでいい。



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。